コピーライター・こやま淳子のホームページ

プラン・インターナショナル・ジャパン Because I am a Girlキャンペーン(2012〜2018)

Because I am a Girlキャンペーン(ポスター他)2018

 

Because I am a Girlキャンペーン(ポスター他)2013〜2017

パソナ×パーク社×日本テレネット「COMORE BIZ」(ネーミング・コピー)

ボディソープhadakara(ネーミング・CM・グラフィック他)

「肌から、日本を美しく」という思いをこめ、hadakara(ハダカラ)という名前をつけました。

ステートメントポスター

交通広告などで展開したステートメントポスターです。

hadakaraホームページ

ディーン・フジオカさん、中谷美紀さんにご出演いただき、
CM、ポスター、グラフィックなど、さまざまなメディアで広告展開しています。
詳しくは、hadakaraのホームページへ。
http://hadakara.lion.co.jp

リポビタンファイン2017(CM・ポスター)

リポビタンファイン2017(CM・ポスター)
コピーと歌詞(の原案)書きました。歌詞は森田淳子監督のアレンジが入ってとてもキュートなCMソングになりました。
前田敦子さんの歌声も可愛いです。

信号待ち篇

エスカレーター篇

バーンヤードストーム(キーメッセージ)

(キーメッセージ)
自立する女性が、珍しくない時代になってきた。
つよい女性が、あたりまえの時代になってきた。
そのつよさは、人にやさしいか。真の意味で自立しているか。
そんなふうに、つよさの中身が問われる時代になってきた。
ポキンと折れる頑固さではなく、すこやかなやわらかさを。
刹那で消える美しさではなく、年齢を重ねるごとに増していく輝きを。
そんなふうに本当の意味で、凛々しく生きる女性たちを、私たちは支えていこうと思う。
バーンヤーズドストーム。

今治タオルブランドムービー(ブランドサイト)

https://www.imabaritowel.jp/

NHKスペシャル「血圧サージ」(WEBムービー)(2018)

【関係ない篇】

【荒波篇】

【浮き沈み篇】

Ryuメディカルクッキング(ポスター)

NHKスペシャル「睡眠負債」(WEB・ポスター)

今治タオル公式ブランドサイト (サイト内コピー・IMABARI LIFE編集長)

サイト内コピー・IMABARI LIFE編集長
http://imabaritoweljapan.jp

NHKスペシャル「キラーストレス」(雑誌・ポスター) (2016)

NHKスペシャル「キラーストレス」

MORIE TOKYO/MORIE bridal(ブランディング・ポスター・WEB)(2016)

MORIE TOKYO
和布デザイナー・山田百里恵さんのブランド「モリエ・トーキョー」のブランディングと
制作物のクリエイティブディレクション・コピーライティングをやらせていただきました。
ロゴとアートディレクションは、POWDER ROOMの不破朋美さんです。
 

 
MORIE bridal
こちらは、ブライダル部門「モリエ・ブライダル」。生地の持ち込みによるドレスリメイクも行っています。
このポスターは、実際のお客様のエピソードをコピーにしました。
 


 
MORIE TOKYO
ポスター。撮影プロデュースは、サン・アドの山西英輔さん。アートディレクターは不破朋美さん。
 

 
MORIE TOKYO/MORIE bridal WEBサイト
WEBサイトもご覧ください。WEBディレクションは内田隆さん、総合プロデュースは、白井基晴です。
http://morie-tokyo.com
 

 
ショップカード。下げ札にもなっています。
 

NHKスペシャル「新・映像の世紀」(2016)

新・映像の世紀のプロモーションに関わりました。
リンクの映像は、デジタルサイネージで京王線新宿駅改札前をジャックしたもの。
ヒトラーの回ということもあって、ツイッターなどで話題になりました。

動画はこちらからご覧ください

花王フレアフレグランス「IROKA」(ネーミング)(2015)

女性の自然な色香を引き出すプレミアム柔軟剤。ネーミングさせていただきました。
 

ロッテ乳酸菌ショコラ(CM・新聞・ポスター他)(2015)

ロッテ乳酸菌ショコラのキャンペーンをやらせていただきました。
小松菜奈さんがとても可愛いCMとポスター。
チョコで包むと、乳酸菌は腸まで100倍届くんだそうです。

【TVCM】


 
【中吊り広告(2015)】

こう見えて、乳酸菌とってます。


 
【2周年新聞広告(2017)】

運命の出会いは、
幸せな日常になりました。
おかげさまで2周年。

チョコレートと乳酸菌。
2年前まで想像もつかなかった組み合わせでした。
しかし2015年、乳酸菌ショコラが登場。
チョコだから、常温で保存できる。
いつでもどこでも食べられる。
食物繊維まで摂れる。
400株から選りすぐりの生きた乳酸菌T001が入っている。
そんな良さが広がって、
いまでは定番のスイーツに。
チョコと乳酸菌の運命の出会いが、
これからも多くの人に幸せを運んでいきますように。


 
【駅貼りポスター】

ヘンタイ美術館(ネーミング&企画&編集)(2014)

山田五郎さんを館長に掲げる「ヘンタイ美術館」が本になりました!
美術シロウトのコピーライターとして五郎さんと西洋美術トークし、原稿を作り、
五郎さんや編集者の方にガンガン磨いていただき、めちゃ面白い内容になってます。
 

 

facebook・イベントで使ってるロゴは、秋山具義さんにつくっていただきました。


 

これも秋山具義さんによるモナリザのアイコン。


 

ヘンタイ美術館企画メンバー。AI kowadaギャラリーの小和田愛さん、博報堂VOICE VISIONの上地浩之さん、
山田五郎さん、私、そしてロゴをつくっていただいた秋山具義さん。
写真は伊島薫さんに撮っていただきました。

プラン・ジャパン キャンペーン(2012-2015)

【東京FMイベント誌】

本の読み方を覚えた子どもは、
夢のかなえ方も覚えていく。

【11月20日朝日新聞15段】

手をのばせば、
生かせるかもしれない
未来がある。
生きることも、自分の可能性を生かすことも、子どもの権利です。

貧しさに翻弄される子どもだって、生きる権利を持っている。
学校に行けない子どもだって、本当はたくさんの可能性を持っている。
今日11月20日は、世界の子どもの日。
子どもの「生きる権利」「守られる権利」「育つ権利」「参加する権利」を
定めた条約が、国連で採択された日です。
逆に言うと、こんな日をつくらなければならないほど、
厳しい現状にさらされている子どもが、世界にはいるということ。
そんな途上国の子どもたちのために、
ただ教科書や食べ物をあげて終わるのではなく、
彼らの主体性を育みながら、一緒に活動を進めていく。
それが私たちプランの方針です。
寄付することで増えるのは、学校や病院の数だけではなく、
子どもの人生の選択肢。
手をさしのべれば、小さな未来が、
のびやかに育っていくのがわかるはず。
すべての子どもは、もともと大きな力を持っているのだから。
あなたのご支援、心からお待ちしております。

【ANA機内誌「翼の王国」純広】

【交通広告】

【amazonチラシ(表1)】

ワコールAMPHI「FUL FRU」(ネーミング&店舗コンセプト他)(2014)

カゼプロさんのもと、コンセプトとネーミングに関わらせていただいた
ワコールAMPHIの新ブランドFULFRU(フルフル)。
全国に続々オープンしています。

吉田ユニちゃんのアートディレクション、
天野譲滋さんの企画構成力で、すごくかわいいお店になりました!

コンセプトは「北欧のくだもの屋さん」。
フルーツのFRU、充実のFULLで「FUL FRU(フルフル)」。

上下セット売りという下着の概念を変えて、
もっと自由にコーディネイトしようよ!
という新しい考え方のインナーショップです。

公式サイト

FUL FRU【広告】

FUL FRU ららぽーとTOKYOBAY店【店舗】

FUL FRU 博多店【店舗】

FUL FRU【店舗】

明治みかくのはじまり(ネーミング)(2014)

和だしにこだわったプレミアムベビーフードのネーミングをしました。
味覚のつくられる大切な時期に、和だしはとてもいいそうです。

ワコール人間科学研究所(新聞15段)(2014)

ワコール人間科学研究所が50周年を記念したモニター募集広告をつくりました。
プロデュースはカゼプロさん、アートディレクターは西岡範敏さん。

みんなの経済新聞:ポスター(2014)

「みんなの経済新聞」のポスターとバナーをつくりました。
CDはケトルの嶋浩一郎さん、ADは博報堂の小杉幸一さんです。

地元を楽しめる人は、
世界を楽しくできる人。

たとえば近所の商店街に、
サービスの革命があるかもしれない。
駅前広場のイベントに、
次世代のアイドルがいるかもしれない。
そんな視点で地元を歩けば、
いつもドキドキしていられる。
毎日の行き帰りが、
宝探しみたいな気分になる。
私たちは、
そんなあなたのお手伝いをするべく、
ニュースの原石を探しています。
地元を楽しむ人が増えれば、
世界はもっと楽しくなると思うから。

地元ラブ&ピース
みんなの経済新聞

カゴメつぶより野菜:ネーミング(2014)

ネーミングしました。
国産野菜だけでつくったちょっとプレミアムな野菜ジュース。通販限定商品です。

KAGURE holistic beauty 2014「ほんとうは、うつくしいはずの肌たちへ。」(2014)

KAGURE holistic beauty 1/8 登場篇
KAGURE holistic beautyのブランドキャンペーン。
ダメージや年齢とつきあいながら生きていく女性に向けた、天然成分のスキンケア・ヘアケアラインです。
不破朋美さんのアートディレクション、井上佐由紀さんの写真で、とても気持ちのいいビジュアルができました。

登場篇ブランドコピー

登場篇ステートメント

ポートレイト篇

メンズクラブ60周年記念広告(2013.12月)

メンズクラブ 60周年記念広告 1/2
「メンズクラブ」60周年を記念して、クリスマスイブの日経新聞に出稿。
名物編集長の戸賀さんに直接プレゼンさせていただきましたが、とても頭のいい方で、ウワサ通りのイケメンでした。

ちなみに上10段は、編集長と石田純一さんの対談でした。

/

© 2022 koyama junko