日経doorsブランドムービー・グラフィック

日経BP社が2月に創刊するWEBメディア「日経doors」のムービーとグラフィック。
クリエイティブディレクションとコピー担当しました。

「カワイイ」とか「女子力」という言葉に決め付けられ、
自らも縛られちゃっている女の子たちに、
でも本当はもっと私たちはそれとは違うパワーがあるはずだよね。
というメッセージを書きました。

既存のメディアへのアンチテーゼもちょっと入っていて、
クライアントさんからお話を聞いたときから、
監督の演出コンテを見た日、撮影・編集の日まで、
終始ゾクゾクしながら作れた仕事でした。楽しかったです。

スタッフは日経ARIAと同じ。
演出はAOIの太田良監督。アートディレクションはパウダールームの不破朋美さん。
カメラはムービー・グラフィック共に片村文人さん。
プロデューサーはAOIの久松真菜さん。広告代理店は日経広告社(ADEX)さん。
そして日経BP社のみなさまです。

Next Post